急行

甲種輸送の時から、今までの試運転まで、ずーーーっと黒のマントをまとっていた『ななつ星in九州』

今日13日(金曜日・仏滅ww)に、黒のラッピングを取り去り報道陣に公開されました。

JR九州。特設サイトより


編成は前から
DF200-7000+マイ77-7001+マシフ77-7002+マイネ77-7003+
マイネ77-7004+マイネ77-7005+マイネ77-7006+マイネフ77-7007

総工費30億円←いかに力を入れているかわかります(>_<)

そして、鉄道ファンなら見逃せないのが、車両表記の『イ』です。
『イ』は一等車を示す車両表示で、ここ50年つけられていなく今回で復活?という形になりました。
一般で言うグリーン車やA寝台は『ロ』二等車の格になります。

また『マ』は車両の重さを表す表記で、現存する寝台車JR東の[カシオペア]のE26系客車は『ス』の表記である。
『ス』← 37.5t以上 42.5t未満
『マ』← 42.5t以上 47.5t未満
で、E26系客車よりも重いことがわかる。なにがつめこんであるやらww


Youtubeから今日のお披露目の様子。

このあと、車庫に行くため≪お披露目試運転≫されたのだが、途中折尾駅で車両のトラブルがあり停止していたそうなww
大丈夫なのかww しかし、なぜ今日という日柄の日をえらんで公開したのだろうか...

日:2013/09/13
地:JR九州

・Twitterアカウント 『@hama_express』
・Facebookページ 『HAMA鉄』で検索